トキのもり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキのもり

ザ・大学生雑記ブログ

【邦楽】おすすめピアノ・キーボード・鍵盤バンド10選

こんにちは、トキです。

 

ブログ始めたてなので、僕自身が謎に包まれていますが、

今日はこれだけ覚えて帰ってください!試験に出します。

トキは音楽が好きです。趣味です。

 

 f:id:tokinomori:20161218025002j:plain

 

一応言っておきますと、ダイブやモッシュなんかまるで縁がないタイプの人間ですので、ご安心を(?)

聴くのは勿論のこと、ライブにも足を運びますし、

ほぼ毎日楽器を触っています。曲を作ったりも…

以前は結構精力的にバンド活動をしていたりもしました。

音楽無しには生きていけない!と言うと大袈裟ですが、

僕の生活の一部です。まぁ趣味だけどね!

 

全然関係ない前置きですが…

今日はそんな僕から、

オススメのピアノ(キーボード)バンドをいくつか紹介します!

 

 

WEAVER


WEAVER「Shall we dance」Music Video

 

ピアノバンドと言われて真っ先に思いつきます。

まず、メンバー3人とも演奏が上手い。

特にベースの奥野さん、6弦、7弦ベースを弾いたりしていて、ギターがいない分、他のバンドではなかなかない個性的なフレーズが面白いです。こんな音も出すのか!みたいな。

余談:Instagramではよくベースの演奏動画をアップしていてやっぱすげぇ…ってなりますので、ベーシストの方はぜひ見てみてください~

 

ライブではボーカルの杉本さんがピアノ演奏を放棄してギターを弾き出したり

3人でピアノを連弾したり、と少人数な分、工夫を凝らしていて面白いです。

 

また最近は楽曲にシンセサイザーなども取り入れたりする等、

常に新しいことに挑戦する姿勢は、今後も目が離せません!

 

フジファブリック


フジファブリック (Fujifabric) - 陽炎(Kagerou)

 

お次はピアノではなくキーボードですが、最高です。

上の動画のボーカル志村さんは、

非常に非常に残念ながら、既に亡くなっておられます。

現在はギターの山内さんがボーカルとして3人で活動しています。

 

なんと言ってもこの志村さんの特徴的な歌声ノスタルジーを感じる歌詞

じっくり聴くと感情が揺さぶられます

志村さんがもう居ないという現実が、曲に込められた思いとか何だかを、更にいろいろと考えさせられます。

 

聴き始めた最初は聴き慣れず「歌下手か?」とか思う方もいるかもしれませんが、

とってももったいない!聴けば聴くほど沼にハマります。 

フジファブリックは多くの曲でキーボードが耳に残るメインとなるフレーズを弾いていて、バンドの象徴であります。

 

鍵盤バンドというくくりでなくても、イチオシしたいバンドです。

聴いたことない方や、普段邦ロックとか聴かない、という方もぜひ!

 

サカナクション


サカナクション - アイデンティティ(MUSIC VIDEO)

 

現在の邦ロック界唯一無二のバンドだと思います。

独創的な世界観、文学性に富んだ詞、抜かりのない曲の完成度

 

エレクトロのジャンルでもあるサカナクション

テクノロジーを駆使したライブ演出にも定評があります。

ボーカル山口さんの尋常ではない音楽に懸ける思いが曲やバンド活動自体に表れていて、一度ハマると虜になってしまいますね。

 

キーボードの繰り返されるフレーズが、

この世界観を創っていると思います。クセになる!

 

僕の周りでも、サカナクションの熱狂的なファンが多いです。

逆にちょっと敷居が高そうであんまり聞いたことない人も多く居ます。

もったいない!ぜひ聴いてみてください!

 

sumika


sumika / Lovers【Music Video】

 

いや~温かい〜〜

個人的に思うのは、「大ヒットまであと一歩」みたいな所が悔しい!

いや、勿論すでに流行ってますよ?ただそこまで音楽聴かないって人だと、知らない人が多いんですよね。sumika。僕の周りだけ??

ユニクロとタイアップしたりしているんですけどね。知ってましたか?

 

この「Lovers」や、新曲の「magic」のような温かい曲が最近は多く、

激しめのバンドのあとに聴くとめちゃ癒やされます~はぁ~

ボーカル片岡さんの歌声が曲調と合っていて良いですよね。

 

キーボードが正式加入(?)したのが2014年なので、それ以前のMVなんかでは居なかったりもします。ピアノが入ることで曲の幅が大きくなる典型例だと思います。

 

というわけで、トキが生意気ながら応援しているバンドsumikaでした。

 

SHE'S


SHE'S - Un-science

 

お、おしゃれや…メンズノンノ出てるでしょ…

[Alexandros]を彷彿とさせるようなビジュアル。モテそう

メンバー全員が1992年生まれという若さ

今年メジャーデビューしたばかりですが、既に大注目を集めていて、

正にこれからのピアノロック界を代表するバンドです。

 

ピアノの良さが曲にしっかり出ていて良いですね。正統派

ピアノバンドの魅力のひとつは「聴きやすい」ってことだと僕は思いますが、

ストリングスも用いていることで、更に曲に深みが出ています。

 てなわけで、これからの活躍が楽しみなSHE'Sでした!

 

テスラは泣かない。


アンダーソン / テスラは泣かない。

 

なんだか某ゲスの何とか、みたいなバンド名ですね。()

ボーカルの村上さんは医学部卒らしいです。すげ。

Ro69 jackというオーディションから最終的にメジャーデビューしたバンドです。

 

10バンドの中でも特にピアノがかっこいい!!

結構ギターロックな感じもありつつ、ピアノがちゃんと目立ってるのが、

ボク的にかなりツボです。ほんとかっこいい…

 

HOWL BE QUIET


HOWL BE QUIET「MONSTER WORLD」MV(Dirty ver.)

 

アッ…怖い兄ちゃん達や…)

絶賛売り出し中バンド、HOWL BE QUIETです。

女の子に人気の出そうな見るからに明るいイケメン

そして、ポップでキャッチーな流行りの構成なメロディ。

こりゃ売れるべくして売れますわ。

なんだかdisってるみたいですが、こういう確立された売れ方は、若手ロックバンド界では多くのバンドが実践しています。が、売れるのは当然ですがその一部です。

そういう中から頭一つ出てるわけです。顔が。冗談です。

 

というわけで、これからドンドン世に出ていく彼らに是非注目!

 

FAT PROP


FAT PROP『Fault』

 

英語や…っていうか日本人??となるような歌声ですね。

この歌声を聴いて「ええやん!」って人はぜひ!

そうじゃない人は…はい

 

1stアルバムはCDショップ大賞にもノミネートされています。

「ピアノエモーショナル」というジャンルの名の通り、

ライブでの評価が極めて高いFAT PROPです。

ボクも一度見たことがありますが、ライブでもあの声です。すごい。

がむしゃらさが伝わってきて「エモい…」ってなります。

 

たまに日本語の詞もあるんですが、正直ボクは微妙に感じます…

なぜって、

日本語より英語の方がうまいんですよねwww

 

Insane


Proof of life / Insane

 


Insane 『明日への針音』

 

『Proof of life』ギターとピアノの共存が見事です。

ここまで綺麗にハマっているバンドは少ないと思います。

『明日への針音』へ、変拍子や…!かっこいい。

ピアノバンドならではって感じですね。

 

普段ギターロック中心に聴いている方もビビッときたのではないでしょうか?

ただ、ひとつ、大きな問題がありまして…

 

 

 

6月に解散してしまいました。

自分がInsaneを知ったときには解散が決まっていました…

メンバーそれぞれが別の道に行きたいそうです…どんな道だよぅ…

非常に残念ですが、既存曲はどれもおすすめなので紹介いたしました。

 

Mrs. GREEN APPLE


Mrs. GREEN APPLE - StaRt

 

この10バンドの中で最も勢いにノッてるミセス。

ノリまくってるから一番下に書きました。(意地悪)

なんだか勢いだけとか思われてそうですが、僕は異を唱えます。

彼らは緻密に計算されたバンドです。

まず、ボーカルの元貴くん20歳ですよ??若すぎでしょ!!

やっぱり彼が凄い。高校時代から売れる自信に溢れていたようです。

 

メンバー構成、ドラムに女の子を入れることを最初から決めていたようです。

男女が入れ混じっていると、なんか仲良さげな雰囲気出ますもんね。賢い。

そしてメンバー全員がそれぞれ漫画にできそうな違ったキャラ。

最近では髪色も別々に染めて、どんどんキャラ化しています。賢い。

 

なんといっても楽曲。動画の「StaRt」が代表例です。

計算され尽くしています。

AメロBメロと来て、サビ前静かになり、サビで大爆発。

この流れを多くの曲で徹底しています。

もう最近の王道パターンになりつつありますが、

最近の中高生はこういうのが大好物なんです。

 

ボク個人の意見としては、曲の構成やレコーディングの完成度に対して、

ライブ力不足が課題だと思います。何様だよ!

映像や音源を聴くと、勢いで押しているように見えます。

勿論コレも「ライブ力」の一つですしめっちゃ必要なことですが、

めちゃめちゃ悪く言うと、

レコーディング通りのクオリティが出せないのを誤魔化している。

ように見えるんです。何様だよ!!

 

結局これは、ライブは行かずCDだけで、ってことに繋がるかと思います。

現にボクはその一人です。CDは買ってますよ^^

なんだか長文になってしまいましたが、

ミセスを応援してるからこその厳し目意見です。

まぁお前何様だよ??って感じですね!!!

今後ライブ力をがっちがちに鍛えたミセスに会いに行きたいです。

おわり。

 

おわりに

 

多くのピアノバンドの特徴として、

  • 曲調が暖かい
  • 音色の幅が広い
  • なんといっても聴きやすい!

というのが当てはまるかと思うので、

ギラギラしたロックバンドは聴いてると疲れるわぁ、って人には、

ピアノバンド是非オススメです。じぶんのお気に入りを見つけてくださいね!

 

それでは、トキでした。

広告を非表示にする