トキのもり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキのもり

ザ・大学生雑記ブログ

バンド活動とは、お金がかかる

こんにちは、トキです。

 

皆さん、バンドを組んだ経験はありますか??

 

f:id:tokinomori:20161225141559j:plain

 

大学の軽音サークルなどで活動していた方は多いかと思いますが、

そういった団体には所属せず、個人的に、自主的にライブハウス等で活動していた方は、そう多くはないのかなと感じます。

 

僕も以前そういったバンド活動をしていたのですが、「実はおれも外でバンドやってるよー!」みたいなロックな出会いは今のところないですね。

 

バンドマンといえば、売れない→金ない。みたいなイメージがあるかと思います。

はい、お金ないです。

 

というわけで今日は、

なぜお金がないのか、バンド活動ってなんだよ

ってなこと交えて書いていきます~!

 

活動内容

スタジオ練習

まずは練習場所の確保です。

音楽スタジオを借りて主にバンド全体の合わせ、ライブの流れ等、メンバーが揃ってる時にしかできないことを中心に練習します。

個人練習は家で済ましてな、って感じですね。ドラムとかはちょっと厳しいですが。

やはり練習は大事で、コンスタントに週1程度スタジオに入ることは結構必要なのかなと思います。上手いバンドはやはり練習量が凄いですね。

 

ですが、週1となると、参考までに、

割と大きめな(有名な)スタジオですと、3時間で8000円程度かかります。

4人で割ったとすると、一人あたり2000円、月4回で計8000円。年間9万6千円

こうやって書き出すと凄いですね…練習するだけなのにね…

 

ライブ出演

f:id:tokinomori:20161225141903p:plain

 

メインとなるいくつかのライブハウスを中心に、ライブに出ます。

他のバンドがどうかはよく知りませんが、基本的にはライブハウスに連絡し、音源提出やオーデイションライブなどを経て、そのライブハウスでライブに出られるようになります。

ただ単に企画ライブがしたい、とかで連絡のみでお金さえ出せばOKというライブハウスも多いかと思います。

先程述べたスタジオ練習では、出演が決まっているライブに向けて逆算的に予定を組んで練習の内容が決まったりします。ライブが大きな基準となるのです。

どのくらいの頻度でライブに出るかはバンド次第としか言えないですが、僕のバンドの場合だと、1ヶ月に1回あれば多いといった感じですかね。

 

そして、またこれ。お金。

やっぱりかかりますね。有名なライブハウスほど高い印象はあります。

ライブにはノルマがあり、入ったお客さんの数によって料金が変わる仕組みがありますが、細かいシステムはライブハウスやライブの種類によって変わります。

キャッシュバック制度があれば利益が出ることもありますが、収益はライブハウスに吸い取られる制度である場合も普通にありますね。くそう!

 

ほんとにピンキリですので一概にいくらとはハッキリ言えないですが、

僕の経験ですと25000円~40000円といった感じですかね?

4人、月1、30000円だとして計算すると、一人あたり年間9万円

いや~高すぎでしょ!!

相場的にどこもこんなもんなのでしょうがないですが、ライブハウスガッポガポでしょ!ってつい思っちゃいますね。

 

自分たちのお客さんが多ければやりがいも感じられるかもしれませんが、

まさに売れないバンド状態ですと、

 

自分らのバンド目当てのお客さんがほぼゼロの中、

高いお金をライブハウスに払って、

スタジオと同じような演奏をして、

帰る。

いや、なにこれ。

 

って気持ちを、きっと超有名バンドも含めて全てのバンドが一度は経験したのかなと思います。笑

 

ライブが終わると、ライブハウスのボスからありがた〜いお話やありがた〜いアドバイス的なものを頂くのですが、多くのボスは口を揃えてこう言います。

「バンドが成長するには、ライブにとにかくたくさん出ないとダメよ。」

「ということで次のライブどうする?」

 

もちろん言ってることは正しいです。ライブに出ることでしか鍛えられないこと、学べないことも多いです。いわゆるライブ力ってやつがそうですね。

 

ライブハウスからすれば「客」は僕ら「バンド」。

お客が少なくて自信を喪失しかけているバンドに対して、このような言葉をかけることで、「そうだな…もっと出なきゃダメだな…」と思って、またライブに出演する。という無限のサイクルを生み出すのです。あったま良い~~~!!

まぁライブハウスも商売ですからね。もちろん純粋に良い音楽、バンドを育てたいという思いは持っていらっしゃると思いますが。

 

楽曲制作、機材の話

f:id:tokinomori:20161225141924p:plain

 

こういったバンドのほとんどは所謂オリジナル曲、自分たちで一から作った曲を外部に発信しています。

曲をつくる環境は、細かい部分ではバンドそれぞれ大きく変わってくると思いますが、

基本的にはDAWという制作ソフトやマイクなど諸々の機材と、自分らのパソコンで地道にレコーディングをしております。

僕は使ったことないですが、音楽スタジオでレコーディング設備をレンタルしたりする方法もあります。でもまぁたくさん曲を作ったり長く活動していくなら自分で環境を作ることは必須というか必然だと思います。

 

これら諸々の機材、お金がかかります。(またか~い)

これはほんの一例ですが、

DAW…5万

オーディオインターフェース…2万

マイク…1万

etc…

っていう大体の価格のイメージを僕は持っています。(ピンキリだよ!)

いや、全然この3個じゃ言い切れないです、etc…の部分がまだまだあります。

そういった細々とした物もあったり、更に書い替えたりすることも勿論あるので、

お金かかるなぁという印象は常にありますね。

 

あとは、楽器やエフェクター類などの演奏に必要なものも、言わずもがな結構なお値段ですね。大変や。。。

 

 

まとめ

スタジオ代とライブ代を合わせると、年間ひとり20万円弱という計算になりました。

お金、かかるなぁ~~~

 

まあでも実際は何を目的に活動するかで、練習やライブの頻度、お金のかかり具合は大きく変わってくると思います。デビューを目指すバンドもあれば、完全に趣味というバンドもある、というわけです。ピンキリです!

これまで書いてきた出費例は、それなりに頑張ってるバンド、って感じです笑

 

 

結論何を言いたいのか

この高いお金を払って、時間を割いてするバンド活動。

やっぱり楽しいんですよね!!!

これなんですよね。言いたいこと!!笑

サークルでイベントごとにただサークル内でライブするってこととは、また違った楽しさがこのバンド活動にはあると思います。

 

自分たちで何事にも自主的に取り組まないと始まらないですからね。練習にしろライブにしろ設備投資にしろ。

 

楽しくもかなり大変なこのバンド活動、万人におすすめというわけではないですが、こんな世界もあるんだなぁ、とでも思ってください笑。

 

それでは、トキでした~。

 

 

広告を非表示にする