トキのもり

トキのもり

ザ・大学生雑記ブログ

【ネタバレ含む】ローグ・ワン スターウォーズ 感想

 

こんにちは、トキです。

 

タイトル通り、本日公開の

ローグ・ワン スターウォーズ ストーリー

観てきました!ブゥン…

 

f:id:tokinomori:20161216050718j:image

 

SWシリーズは全作観ていますが、別にそこまで熱狂的なファンではないです。が、

「公開日朝イチの回、ど真中の席を3日前に予約」という謎の意識の高さを発揮してしまいました。ブゥン…

 

というわけで、SWそこまで詳しくないトキによる感想いってみよー!ブゥン!

※一部軽いネタバレ含みます

 

 

 あらすじ

エピソード4冒頭で唐突に、反乱軍がデス・スターの設計図の入手に成功、という説明があると思うんですが、その端折ってる部分が本作品で明かされるというわけです。

デス・スターっていうのは、敵国のヤバイ兵器って認識でOKです)

あまりにあっさりとした説明なもんだから、

いや、帝国軍マヌケかよ、と当時は思った方も多いかと思います。果たして実際はどうなんでしょうか!?

 

スターウォーズ

完全にスターウォーズです!(当たり前)

すげぇよかったよ…

CGのクオリティは言わずもがな、

タイファイターやトルーパーなどお馴染みの要素で溢れて、

まさにスターウォーズ(2度目)

 

ストーリー

用語が難しい、ていうかそもそも知らない。ってことも所々ありますが、

ストーリー意味不明!ということにはならないので安心してください。

あらすじでも書いた通り、目的は至ってシンプル、敵味方もハッキリしてます。

謎が残って次作をお楽しみに…っていう嫌な終わり方でもない。

きっちり今回のお話はこれで終わり!っていうまとまりがあって凄い良いです。

SWシリーズ初めて!ってな方でも楽しめると思います!

 

戦闘シーン

記事冒頭でやたらブゥンとかほざいてましたが、

エピソード3でジェダイがほぼ絶滅してしまったので、

ライトセーバーの戦いは見られません。

が、しかし!激しい銃撃戦や、戦闘機での戦いは見応え十分です!

過去のSWシリーズと比べても1番です!断言できる!

 

キャラクター

あ、これ個人的には微妙ポイントなんですけど、

全体的にキャラがあまり立ってないかなぁって。

キャラにフォーカスすることよりも、軽快な展開を重視してるのかなって。

 

メインキャラの主人公ジンパイロットのキャシアンにはあまり惹かれませんでした。

いや、そう感じてしまうほどに、ローグ・ワンは脇役の活躍が素晴らしい!

個人的にはドロイドのK-2SOを推しです。C-3POとはまた違った良さがあります。

あとは、名前もない反乱軍隊員達が連携して戦う感じ、めっちゃ良いです!

あの、あれ!ハガレンのお父様戦みたいな!!

どうでもいいけどベイズというキャラクターが、MONGOL800のボーカルに見えてしょうがなかったです。

 

まとめ

やっぱSWシリーズは迫力があってうお〜ってなりますね。

ファンがニヤつくような演出もあるのがまた良かったです。

エピソード4に続く!っていう感じも終盤出てて、他の作品を見返したくなります!!

 

というわけで、万人にオススメできるし、ファンならもっと楽しめるね!

ってな映画だと思います!!(なんだこのコメント)

誇るほど思い入れがない自分が言うのもアレなんですけど、

シリーズの中で一番良かったです!!

 

本日(12月16日)公開なので混雑しているとは思いますが、お時間あればぜひ!

あ、朝の映画館かなり空いてるので学生の方はおすすめだよ!

それでは、トキでした!

 

 

以下ネタバレ感想、既に見た方はどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネタバレ感想

終盤、戦局的に厳しいとは感じていたけど、デススター起動したときは「あぁ…まじかぁ…」ってなるよね…

結局ほとんどの名前ありキャラは戦死だしね…

中でも特にKの最期が悲しい!!お前ってやつは…!!!

分かってるんだけどね…こういう犠牲が銀河の平和に繋がるってことは…

 

あとはラストのダースベイダー無双!登場でめちゃ燃えた!アツい!絶望感がすごい。

今後の作品ではもっと戦うところ見たいですね~

 

さいごに…

レイア姫が思いの外当時のキャストとそっくりで、オチみたいで笑いそうになったのは秘密。

 

いや感慨深くなったよちゃんと!

そ、それでは!

広告を非表示にする